ランニング

ランニングをすると得られる効果とは?5つのメリット・デメリットをご紹介します。

フォートです。

「運動好きな人、手挙げて!」と聞けば、おそらく大半の人は「そんなに好きでもないし、嫌いでもないんだよねえ」といったところでしょうか(^_^;)

ましてやそれが「ランニング」だったら「いや走るのはちょっと・・・」という感じかもしれません(>_<)

そこで、この記事では私の趣味の「ランニング」について面白おかしく紹介し、「意外と面白そう!ちょっとやってみようかな」という人が一人でも増えてくることに思いを込め、メリットだけでなく、デメリットも包み隠さずご紹介します。

・私が走る理由は・・・。

朝食, 食品, 皿, イングリッシュブレックファースト, おいしい, 食事

 

「おいしいものを我慢せずに食べたり飲みたい!」が一番の理由です。

食い意地が張っているだけの不純な動機ですがこれが初心です!

「いやいや、あなた30代のオッサンでしょ!子供じみたこと言ってないでもう少し、こうなんか、他の理由とかないの(`ヘ´) 」という意見もあるかもしれません。

しかし「アレコレ理由付けたり、理想高いことばかり言ってても継続できないですよ」と言いたいです。

大人になると、どうしてもやること成すこと何かしら「理由」を欲してしまいます(>_<)

「理屈ばかりこねていると直感と瞬発力を失うぞ!好きなことに貪欲な子どもをもう少し見習え!」と、昔数学と物理の授業を兼務していたスーパー先生によく叱られました(^_^;)

ほかにも「健康」とか「シェイプアップ」とかの意味合いもありますけど、私にとっては「継続してるからついてきた後からの副産物!」だと感じています。

 

それでは、継続しているうちに見えてきたメリットとデメリットをまとめましたのでどうぞ!

メリット

1.「食のありがたみ」を再認識できる!

テーブルで食べる家族, ダイニング, 親, 子供, 食べる, 一緒に, 息子

 

普段、普通に生活していると「惰性」で食事していることってありませんか?

「そんなに食べたい訳でもないけど、お昼だし午後も仕事あるから一応食べておかないと」とか「夕食の献立考えるの面倒くさいけどとりあえず食べないわけにもいかないし。仕方ない、なんか作るか」などなど。

「食に感謝して」とか、いつしか大人になると忘れてしまうんですよね。一方で子どもには食事前に「ちゃんといただきますって言わないとダメでしょ!」とか言っていかにも親ぶったりして(^_^;)

そいいった「大人の問題」を払拭できる手段の1つが、「ランニング」です!

私は「朝ラン」派なので、朝食前の空腹時に走りそのあと朝食を食べますが、そのおいしさは格別ですよ!

朝方にランニングすることを「朝ラン」と言い、夜とか夕方にするのは「夜ラン」と言います。

 

空腹のところに追い打ちをかけるようにさらにエネルギーを使って走りますので、完走後はとにかく身体が栄養を求めています!

このタイミングで食事するので、いつもより味覚が鋭敏になっています。

食べた瞬間、舌と脳が「うまい!(オレは)生きている!」と感じます!目玉が飛び出るほど美味しく感じます!

どのくらい走ればこれを感じられるかについては個人差がありますけど、ぜひ大人になった今一度「食のありがたみ」を再認識して、子育てとかにも活かしてほしいです。

食について根本から見直すきっかけにも繋がりますよ!

慣れていない人が空腹のまま走ると貧血の原因とかになり危険です。牛乳とかバナナなどの消化のよい物を食べて走るようにしてください!

2.食生活を見直すきっかけになる!

コーヒー, コーヒーカップ, カップ, ドリンク, 豆, コーヒー豆

 

ランニングを始めてから味覚が鋭敏になったこともあり、あまり余計な物を食べたり飲みたくなる気が起きなくなりました。

大きく挙げると、まずはコーヒー!

コーヒーは好きなほうですが、走り始めて以来あの覚醒作用が自分には劇薬のように感じるようになりました(^_^;)

コーヒー好きな方、私のことは嫌いになっても決してコーヒー嫌いにならないでください(_ _)

今でも週に1杯~2杯はカフェラテ風にして薄めて飲みますが、それでもやはりあの目がひらかれるようになる覚醒作用には舌を巻きます。

「覚醒作用」と「依存性」があることに完全に気付いてしまいました。

安いうえに依存性が抜群のコンビニの100円コーヒーが激売れしている理由がよく分かります。

大衆の嗜好をよく分析してそれを巧みに経営戦略に取り込んでいるのがよく分かります(>_<)

 

続いて、間食です。

ちょこちょこ口に入れて間食する気が起きなくなりました(>_<)

「ウソつけ!アルフォート好きだとプロフィールで書いてただろ!」と裁かれそうですが(^_^;)

アルフォートを含め甘い物大好きなので休日とかはよく食べますけど、それでも平日の日中とか夜とかはほとんど間食はしていません。

間食にもなる「ジャンクフード」も直訳すると「ガラクタの食べ物」とか「クズの食べ物」という意味になります。ガラクタとかクズですよ。もう今は食べる気がしませんよね。

そんなこともあり甘~い依存性抜群の菓子パンとかも食べる頻度は落ちました。パン屋さん、ホントにごめんなさいm(_ _)m

これはみんなランニングを継続しているからこそ経験できていることです。

ストイックに苦行のように涙流しながら断食しているわけではありません。

健康ブームかぶれの意識高い系でもでもありません。

続けていくと余計な物を食べる気も飲む気も起きなくなります。

いろいろいらなくなるんですよ、ホントに(>_<)

その結果、食生活が改善されて、おいしいものをおいしく食べられています。

そして健康にも繋がっているということになります。

3.自信がつく!

資質, 男, 自信, 自信を持って, 人間, 確約, 自尊心, 価値があります

 

私のランニング習慣は、休日の朝空腹のまま10km×2日です。(平日は朝、ウォーキングと筋トレしています!)

走り終わったあとは「今日も昨日の自分に打ち勝ったぞ!」というような達成感と自己満足感に浸ることができます。

「いや、10kmも走れないから参考になんないよ(-_-;)」と思った方、始めは「ウォーキング」から始めてみませんか?

最初は極力ハードルを下げて、自分のペースでゆっくり段階を踏んでステップアップしていけば楽しいですよ。

人の目ばかり気にしていたって無常にも時間は過ぎていってしまいます。

都市部の人であれば朝の静寂の中、自宅から公園までウォーキングするだけでもいつもと違った人や景色と出会えるかもしれません。

田舎の人であれば、四季折々の景色を堪能しながら農作物の育っていくところを観察したりなど。

子どもと散歩や愛犬と散歩をきっかけに始めても素敵ですね。

何もやっていなかった人がとにかく「ウォーキング」を始められた。そこに「継続」が加わわってくればきっと自信がついてきます。

「ウォーキング」が物足りなくなってくればしめたもの!

そこからは自分の身体と相談しながら、400m(陸上トラック1周分)くらいの距離から軽く走ってみてください(^-^)

「ウォーキング」から「ランニング」にステップアップすれば、自信がつくのがさらに加速しますよ!

4.自分の身体のメンテナンスになり、その結果自分の時間を取り戻すきっかけになる!

アクティブ, スポーツ, 運動, 女性, 適合, フィットネス, 女の子, ジム

 

最近では「生きているこの瞬間こそが一番若い」という考えはだいぶ認識されつつあります。

裏返せば「日に日に死への歩みを進めている」ということにもなり、「日々老いていっている」ということになります。

そんな普遍の事実があるなか、自分の身体のメンテナンスを定期的に行っている人って、そう多くないのではないでしょうか。

私はランニングを継続できているおかげもあり、身体の調子には敏感になり体調管理ができるようになりました。

別の記事で「久しぶりに風邪引いた」とか書きましたけど、この原因は完全に自分の油断によるものでした(^_^;)

これを除けば、どこが痛いとか調子が悪いとかっていうのは3年くらい前にインフルエンザに罹って以来経験しておりません。口内炎がたまにできるくらいです(>_<)

「だから、どうしたんだよ。だいぶ話ずれてるし、風邪くらい引いてもすぐに治るだろ(`Д´)」とおっしゃりたい方に一つお聞きしたいです。

風邪引いてる最中、あなたの貴重な時間を有効に使えていますか?

先日の私の場合だと、金曜日の朝仕事に行く前から調子悪くて土曜日はずっと寝たまま。日曜に体調戻ったかなと思ったらその日の夕方にまた熱が出て、せっかく取った月曜日の有給もおとなしくしていました。悲惨な連休でした・・・。

ほぼ4日間たいしたこともせずにウダウダしていたわけです(^_^;)

この4日間はなかなかの「損失」でした。

高熱で全く何もする気が起きず苦い思いをしました。しかし、いい経験ができました。

身体の不調が多い人ってこの「損失」を定期的に食らっているわけですよね?

非常にもったいないと思いませんか。

もしかすると、そういう状況を作り上げているのがメンテも何もしないで「自分」をほったらかしにしている「自分自身」かもしれませんよね。

もちろん「治らない持病をお持ちの方や不慮の病に罹っている方のことも含めて言っているわけではありません」ので、ご了承ください。

そうではなくて「自分でメンテナンスすれば改善できるかもしれない人が何も手を打たずにほったらかしたままにしているのはとてももったいないですよ」と言うことです。

個人差があるので「ランニング」すれば誰もが健康維持できるとかそんなことは言いませんが、身体は間違いなく丈夫になります!

丈夫な身体になれば悪い菌も入って行きづらくなりますし、逆に弱っている人とか疲れている人には入って行きやすくなります。

たまには自分の身体を自分でメンテナンスして労ってあげましょう。

鞭打ってばかりだとこれからの人生100年の時代、途中でドロップアウトすることになってしまいます(T_T)

やさしく丁寧にメンテナンスし続けてあげれば、丈夫でしなやかな身体になり、その結果自分の時間を取り戻すことにもつながります。

自分の身体だけは唯一無二の存在です。

5.初期投資ゼロから始められる!

0, 番号, 光沢のある, 白熱, 明るい, 数学, 数値, 桁, 表現, 数字

 

古くても何でもいいんでランニングシューズだけあれば今すぐに始められます。

自宅に一足くらいありませんか?

あれば初期投資ゼロ確定です!

着る物は老若男女問わずジャージでいいですし、ジャージがなければ、とりあえず何かきちんと着ておけば社会的に問題ないです。

とくに夏場は半袖、短パンだけでいいのでとても楽です。

走る場所は自宅発着で十分です。

最初は世間様の目が気になると思いますがそれは最初だけです!すぐに慣れます!

ランニングは場所を選ばない!

これで初期費用ゼロダブル確定です!

「いや、さすがにそれは極端過ぎるし適当すぎるだろ!」と言われそうですが、今から始めようと思ってる人にとってはこれくらいハードル低いほうがいいです(^-^)

現代社会、凶悪犯罪が多発しているため走る場所の地域事情はよく確認しておいてください!頭のおかしな人が身近にいるかもしれませんので十二分にご注意ください!

形から入りたい人や先に費用かけて先行投資したい人はお気に入りのグッズを買ってみるのもいいかもしれません。

しかし、とにかくなるべく費用かけずに始めたい人にとっては靴だけあればなんとかなります。

とりあえず始めてみて「自分に向いているか」とか「継続してやっていけそうか」とかの「自分だけの直感」を拾ってもらったあとからでも道具揃えは遅くないです。

デメリット

1.足への負担が半端ない!

 

太っている人とかがダイエット目的で走ってたりする光景を見たことありませんか?

あれを見ると、私の場合とても心配になります。

走っている間中、自分の全体重が両足にかかり続けることになります(^_^;)

拷問に近い(>_<)

両足に負担がかかるのは細めの体型の人でも変りません。

よって、足腰の弱い人であったりもともと走るのがダメな人は決して「一念発起」とかせずにためらうことなく他のスポーツをしてください。

2.心臓に負担がかかる!

心, ハートビート, 医療, 周波数, 医師, 回路, 血圧, ボディ

 

ランニングは言わずとしれた有酸素運動です。

有酸素運動とは、

脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変えながら行う、規則的な繰り返しのある比較的軽い運動。

デジタル大辞泉さんから引用

 

心肺機能の強化に繋がる一方で、心臓に大きな負担がかかっているのも事実です。

毎年各地で様々なマラソン大会が開催されていますが、心臓発作等で運ばれたり亡くなったりする方も少なからずいらっしゃいます。

心臓に持病をお持ちの方や心肺機能が弱っている方は決して無理しないでください。

3.足が太くなる!

運動選手, 筋肉, 靴, 残り, 緩和, プッシュ, エネルギー, リラックス

女性の中は少し気になる方もいらっしゃるかもしれません(^_^;)

実は走り込んでいくと足の筋肉が付いて否応なしに太もも、ふくらはぎあたりが太くなってきます(>_<)

これから始める方には少し先の話になってきますが、覚悟しておく必要があります。

私の場合は座っているときに足が組めなくなりました。乗せるのが精一杯です。

理想の体型がある方や、女性はこの辺も気に留めておいてください。

4.筋トレしないと骨と皮だけになってしまう!

スケルトン, 人間, 骨, 頭蓋骨, 解剖学, 人間の骨格, 医学, 健康

 

👆さすがにここまでにはなりませんが、これ以外と忘れられがちなので注意です!

継続してランニングしていくと身体の脂肪は落とせますが、筋トレしないと脂肪と一緒に筋肉まで落ちてしまいます。

特に上半身の筋肉が落ちやすいので注意が必要です。

脂肪を落とすのも大変ですが、筋トレと併せてやらないと今度は筋肉をつける大変さにも直面することになります(^_^;)

男女問わず目指している体型とかがある人は十分に注意してください。

骨と皮だけの骨皮筋右衛門(ほねかわすじえもん)にならないように気を付けましょう!

4.食費が若干増す!

シマリス, かわいい, 野生動物, 自然, 動物, 毛皮, 哺乳動物, 齧歯類

 

ランニングを頑張るとたくさんのエネルギーを消費するので、おいしいものを我慢せずに食べたり飲んだりしても太りづらくなります。

その結果、無駄なものを食べなる代わりにおいしいものをたくさん食べるようになるので食費が若干増します(^_^;)

食物の安物買い(ジャンクフードとか)をしなくなるので「若干」で済んでいます!

自分が食べて満足する適量もよく分かるようになりますので、食への満足度は高まります。

節約の鬼と化している人にとっては若干の食費増も許せないかもしれませんので頭の片隅に入れておいてほしいです。

5.一日の貴重な数時間を割くことになる!

あなたもあの手この手で貴重な時間をなんとか捻出しようと努力なさっているはずです。

そんな中、無数の趣味の選択肢からランニングを選んでこの記事を読んでくれているわけですから、私としてはできれば続けていってほしいです。

しかし、少しやってみて「私には合わない」とか「なんかちょっと違う。無理だわ」という直感が湧いてきたら、その直感に素直に従ってあげてください。

自分の貴重な時間を割く必要もありません!

ランニングは無数にあるスポーツの中の1つに過ぎません。

気合いと根性で昔からのランニング嫌いを絶対に克服してみせる!とか間違っても思わないでください(^_^;)

参考に私が1日10km走るのに費やしている時間を参考に記しておきます。

準備時間:約30分
主に水分取ったりトイレに行ったり、準備運動したりしています。

実際走っている時間:約50分~55分くらい
基本は1kmあたり5分半前後くらいで走っていますが、そのときの身体の調子で走るスピードを変えています。ゆるいランニング、ゆるランをしています。

メンテナンス時間:30分~40分
入念にストレッチしたり、お風呂にゆっくり入って身体をほぐしています。

大体10km走るのに全部で2時間と少しかかっていることになります。

「一日の中で自分の時間を2時間割くって非常に大きいです!」ということを私はお伝えしたいのです。

始めたはいいけれど継続することが苦痛に感じていれば、それはあなたが不幸になるだけですから潔く撤退してください。

「健康のために」とかで始めたけど、気付いたら「義務感」に支配されて辛くなっていたりする可能性がありますので気を付けてください!

他に自分に合う趣味を見つけてそちらで花を咲かせた方がきっと素敵な人生を送れるはずです。

まとめ

・私が走る理由は・・・。

メリット

1.「食のありがたみ」を再認識できる!

2.食生活を見直すきっかけになる!

3.自信がつく!

4.自分の身体のメンテナンスになり、その結果自分の時間を取り戻すきっかけになる!

5.初期投資ゼロから始められる!

デメリット

1.足への負担が半端ない!

2.心臓に負担がかかる!

3.足が太くなる!

4.食費が若干増す!

5.一日の貴重な数時間を割くことになる!

 

ランニングを継続していくといろいろな恩恵が受けられます!

の一方でランニングは身体への負担も大きいので、体調に自信がない方は無理せずに違う運動をすることをオススメします!

ともあれ、この記事をきっかけにして誰しもが日々の生活の中に何か1つでも運動を取り入れてくれれば私としてはうれしいです(^-^)

私の場合はそれがたまたまランニングだっただけです。

自分の直感に従って、あなたも自分に合うスポーツを何か1つ見つけてみると人生が変わるかもしれません!

継続していったその先には違う景色が絶対見えてきますよ。

自分の人生を自分なりに彩り豊かにデザインしていきましょう(^-^)

 

この記事も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m