時間

「時間と死」の関係について、徹底解説しました!

フォートです。

勤め人をやっていると一日の大部分の時間を拘束されているため、毎日バタバタ、バタバタと過ぎていきます。

さらに突発的な用事入りでもすれば、体制を立て直すのにエライ苦労します(^_^;)

そういったころもあり、なんとかして貴重な「時間」を捻出するため、いろいろ工夫しながら毎日を過ごしております。

そこで、この記事ではお金と自分どっちが大事?実は日本の紙幣制度(≒お金)の歴史って意外と浅かった。に引き続き、「時間」について自分独自の考えをご紹介します。

結論から言ってしまえば、「時間は貴重どころか、時間と引替えにに近づいて行ってるよ」ってことになります。

極論になりますが、どうぞこの先をお読みください!

1.「時間」とその時代の人々

孫武の似顔絵イラストカールツンベルクの似顔絵イラスト

 

時間」と聞くだけでいろんなことわざが思い浮かびませんか?

代表的なところでは、「少年老い易く学成りがたし、一寸の光陰 軽んず可からず」、「Time is Money」あたりでしょうか。

「少年老い易く~」とは、昔の中国の思想家、朱熹(朱子)【1130~1200】という人が言っていたようです。

「若い人はあっという間に年を取り、学問も完成しにくい。だからわずかな時間でも無駄ににしてはいけないよ」というような意味になります。

 

一方、「Time is Money」とは、アメリカのベンジャミン・フラクンリン【1706~1790】という人が言っていたようです。

一般的には「は金なり」と訳されており、「時間はお金と同様に重要だから大事にしましょう」となるようですが、実はもっと奥深い意味が込められているようです。

時間は貴重だよ。だけど、その時間を無駄にする原因を作っているのは周りとか環境とかのせいにしがちだけど、そういう無駄にするような選択を繰り返してしまっている自分自身なんだよね、実は」ということを伝えたかったようです!

自伝にこの辺のことを意識したことが書いてあるので読んでみると面白いかもしれません。

他にもいろんな時代の人が時間に関していろんな名言を残していて面白いですが、重要なのはそこではないので今回は省かせていただきます。

とまれ、古今東西共通して言えるのは、どの時代の人であっても「時間って貴重だよ、ほんとに」と常に認識して行動していたということは揺るぎなさそうです。

2.私たちは時間と引替えにへ近付いていっている?

ペスト医師のイラスト

 

 

極論ですが、30代に入って自分の年齢を意識したり老いゆく両親の姿をみているとこう感じずにはいられません。

そんなこともあり今、必死に自分の出来る範囲で親孝行しております(^_^;)

 

さて、あなたは歌舞伎役者市川海老蔵さんの妻「小林麻央」さんのことはご存知でしょうか?

平成29年6月22日に乳がんで亡くなられました。

あのニュースを知ったとき、いやもう私はもの凄い絶望感を味わいました。

正直なところ「なんだかんだで最後は治って復帰するはず。代々続く歌舞伎の名家に嫁いでいるわけで潤沢な資金があるんだから最新の医療施せると思うし。だけど時間はかかりそうだなぁ」くらいにしか思っていませんでした。(これは本音です)

 

しかし、治らなかった・・・。

「いやまさか、ウソだろ。」と何度も何度も何度も思いました。

この時、自分の中にあった何かが崩壊しました。

 

有名人でも、どんなお金持ちでも、若くても、最新の医療施しても、「死ぬときは容赦なく死ぬ」んだなと…

麻央さんは私とほぼ同じ年代で昔の日テレの「恋のから騒ぎ」の時代からから知っていましたし、海老蔵さんとともに応援していた人だったので、心底絶望しました。

 

ここから強烈に「時間」を結びつけて考えるようになりました。

生きたくても生きたくても生きられなかった人が身近にいた。しかも自分とほとんど年齢が変わらない・・・。

 

一方の私はというと、たまたま同じ時代に運良く生まれて、たまたま何不自由なく生活できていて、たまたま毎日おいしいご飯食べながら生きていられる・・・。

そこで気付きました。

普段の何気ない生活であっても「一瞬一瞬、偶然の連続の繰り返し」なんだなと・・・。

時計の針は止めることは出来ない。

極端に言えば見えない力によって、一瞬一瞬の貴重な「時間」と引き替えに「死」への歩みを進まされているんだなと・・・。

 

そんなこともあり、毎日のささやかな楽しみやちょっといいこと、逆に嫌なことであっても日々平穏無事に過ごせている喜びを切に、切に噛みしめながら一日一日を大事に生きることができるようになりました。

 

3.自分の貴重な「時間」を奪う人、こと、モノとは距離を取ろう!

目つきの悪い人のイラスト

 

時計の針は誰も止められない」

 

しかし「時間は全員に平等に与えられている」と考えることもできます。

ならば、この唯一平等に与えられている「資産」をできうる限り自分自身で使いたいですよね!

ここで1.のベンジャミンが言ってた話を思い出してほしいです。

自分でそう選択して「時間」を無駄遣いしてしまっているところもある。

しかし、やはり魔の手を伸ばしてくる人、こと、モノもあるはずです。

こういった誘惑を退けたいけどなんとなくできない。

 

時間

 

これを思い出せば、緊迫感が出てきませんか?

 

「時間」とお金を結びつけるよりインパクトあるはずです。

なんせ日ごと「に近づいて行ってる」わけですから。

普通に明日死ぬかもしれません!

そう考えると必死になれるはずです。

 

これからは少しずつ、少ーしずつでいいので、そういった人、こと、モノから距離を取っていきませんか?

特に相手が人の場合、急激にやると波風が立つので少しずつでいいのでやっていく(^_^;)

波風立てるのって日本人は好みませんからね(>_<)

私もやんわり済ませたいので、ちょっとずつやってるところです(^_^;)

1人、1人置かれた環境、状況が違うと思うので一概には言えませんが、ちょっとずつならできるはずです。

ちょっとずつ、自分で自分の貴重な時間を取り戻していきましょう!(^-^)

明日死ぬかもしれませんよ!だったら必死になりますよね?

失礼しましたm(_ _)m

まとめ

1.「時間」とその時代の人々

2.私たちは時間と引替えにへ近付いていっている?

3.自分の貴重な「時間」を奪う人、こと、モノとは距離を取ろう!

 

古今東西、「時間は貴重だ」だという認識には大きな違いはないようです。

時間」の関係は偉人たちも認識していたはずです。

しかし、自分の事としてとらえるとなると難しいところもあるので、日常生活から得た気付きをもとにして自分独自の考えを書いてみました。

私もグータラな部分があるため、それくらい「死」を意識して物事を見定めないと本質が見えてこない。

早いうちから「死」を意識するとしないとではその後の過ごし方が変わってくるはず。

こういった思いを自戒も込めて書いてみました。

この記事をきっかけにして1人でも多くの方が自分の貴重な時間を取り戻す取り組みを始めてもらえれば幸いです。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m