未分類

資産運用と言いながら運動や健康の記事を書く理由をまとめました。

このブログでは、「資産運用」と言いながら運動系の内容や健康に関する記事をたびたび書いています。

ではなぜ書いているのか、誤解を招かないためにも自分なりの考えをまとめてみましたので、お読みください。

簡単に説明しますと、「自分の身体の代えはききません。なので、定期メンテナンスは怠らず、楽しく生涯現役を目指しませんか。ということになります。

なお、このブログのテーマは「自分×時間×お金」の3つの資産を長期運用し、楽しく生涯現役を目指すという軸がありますので、再度ここで記しておきます。

約3,500字くらいの記事です。

6~7分あれば読めると思います。

 

運動や健康管理しない原因

1.年齢で過信してしまう。

男, 男性, 少年, 人, 若いです, 筋肉, 戻る, 上腕二頭筋

 

持病を抱えている方でもない限り、10代~20代~30代くらいまでは身体の不調を訴えることはあまりないかと思います。(持病お持ちの方、気分悪くされたらすみません)

いわゆる「無理がきく」年代でもあるので、仕事でもなんでも多少の困難は乗り越えられるのではないでしょうか。

そんなこともあり、地道さを要求される運動や健康管理はどうしても後回しにしがちになってしまいます。

そして40代で大病に罹ったりして深く反省し、本格的にメンテナンスに取り組むというような流れの方を身近に見てきていることを申し添えます。(ちなみに私はまだ30代です)

2.地味で面倒くさい。

スポーツ, 疲れる, 歯を食いしばり, すべて与えます, レジャー

 

私は生まれつき、基礎体温が低く、どちらかというと胃腸系が弱めのため20代前半から健康管理には気を使っていました。

20代前半の頃、健康管理に気を使っているなどと言った際は、「お前、おっさんかよ。まだ20代だろ」というような反応があり、なかなか辛いものがありました(>_<)

30代になった現在でも、正直あまり反応はよくはないです。

やってることは極めて「地味」ですから。

読者の方でもそんな反応って今までにありませんでしたか?

だいたいの人はここで周りに流されて、周りに合わせてしまうのでしょうか。

「そうだよね。まっ、いっか。大丈夫でしょ」と。

地味で面倒くさいですからね、習慣化していないと。

3.この世は誘惑の宝庫。

分岐, 分岐点, 分かれる, 分かれ道, 選択, 選択肢, 選ぶ, 枝分かれ

 

コツコツ運動したり、不摂生しないように食事を抑えめにしたり。。。

これ、最初はできても継続するのは難しいです。

現代はいろんな誘惑がありますからね。

ダランと寝そべってSNSやったり、Youtube観たり、ネットサーフィンしたりしていたほうが楽ちん。

なんとなく開けてみた冷蔵庫に美味しいものが入ってあればついつい食べてしまいたくなりますもんね(^_^;)

私も数年前まではそんなダルダルくんでしたのでよく分かります。

ここで前に進めるか現状維持に止まるかが1つの分岐点になると思っています。

4.「気づき」が得られるきっかけがあまりない。

思想, アイデア, 技術革新, 想像力, インスピレーション, 電球

 

自分が大病したり、風邪引いたり、あるいは身近な人が亡くなったりしたときは、たいていの人は気をつけようと思うはずです。

でも、それも一時で覚めてしまうのではないでしょうか。

私もそうならないように気をつけています。

そのほか、周りの同年代で真剣に取り組んでいる人がいなかったりしたら、リアルではほとんど刺激を受ける機会もないですよね。

こういった状況ではやはり自分で気づくことは難しいのではないかと思います。

5.経費に対する認識がない。

電卓, 手, 計算する, カウント, 加える, 税金, 経費, ペン, オフィス

 

病気になると、大体の人はとりあえず病院に行くと思います。

病院に行くまでの労力、病院に行って受診して帰ってくるまでの大量の時間、そして受診料と薬代。

それと調子が悪くなってから良くなるまでのパフォーマンスが落ちた状態。

こういった諸々の経費、無駄だと思いませんか?

人によってはキツい内容かもしれませんが、自分の不摂生とかでこういった状況を引き起こしている場合は改善する余地があります。

ブラック企業で拷問のような労働環境で体調崩されている場合は、問答無用で逃げることをオススメします。

そのほか、調子悪すぎて自分で病院行けなければ家族に連れて行ってもらうことになり、家族にも迷惑がかかります。

これは私も何度か経験があるので痛切に感じています(^_^;)

悲しいことになってみて気付くんですけどね(>_<)

 

ここまでは、原因についてまとめてきました。

以下は、じゃあどうすればいいかの私なりの考え4つに分けて書きました。

 

自分をメンテナンスの方法

1.自分の弱点を知る。

欠陥のあります, 無力, 弱い, 無防備, 安全でないです, 恥ずかしい

 

私の弱点は「基礎体温が低く、胃腸系が弱め」だということ。

この弱点を認識してから白湯(さゆ)を常飲するようにして、弱点を補い病気に強い身体作りに励んできました。

👇よければ読んでみてくださいね👇

正確に覚えていませんが、かれこれ10年以上は継続して飲んでいます。

この記事を読んでくださっている方も、まずは自分の弱点を認識したうえで自分に合った身体のメンテナンスしていただくことをオススメします。

「季節の変わり目で必ず頭痛がする」、「便秘がち」、「身体がとにかく固い」など、人それぞれ身体の状態は違うと思うので、律儀に紙に書き出して分析したりすると今の自分の問題点が見えてきますよ。

2.自分が楽しいと思えるスポーツを見つける。

スポーツ, 人, 実行している, 若いです, ライフスタイル, 健康, 運動選手

 

人生100年と言われる現代。

一生付き合っていく身体のメンテナンスはもはや必須項目と言っても過言ではないでしょう。

メンテナンスもどうせやるなら楽しくやりたいですよね。

そんなとき、スポーツを相棒にするのがオススメです。

長く付き合う相棒なのですから、気の合う相棒を見つけられれば長続きできますよ!

私の場合はランニングは約4年、スイミングは約2年半、ゴルフは約7年、ハイキング&登山はたまに行ったりという感じで細々と続けています。どれも好きでやっていて、ガチ系ではなくゆるくやっているものばかりです。

定期的に運動する習慣があると生活にもハリと潤いが出てきて楽しいですよ。

この記事をきっかけにぜひ自分に合った相棒(スポーツ)を見つけてもらえるとうれしいです。

参考に、、、

ヨガ、ピラティス、エアロビクス、ウォーキング、サイクリング、テニス、バドミントンなどは私も経験しており、みんな楽しいスポーツでしたので候補に入れてみてくださいね。

 

これは余談ですが、自宅の修繕に何十万~何百万かけたり、自家用車の2年~3年の車検で何万~十数万かけたりする人が、地道に健康管理したり運動して自分に投資している人をバカにする光景に遭遇する機会がありましたが、その時はもう目が点になりました。

長くなるので、この先は書きませんけどね(^_^;)

3.常飲・常食しているものの依存度を確かめる。

自由, 空, 手, 手錠, 雲, 男, 泥棒, Hiv, エイズ, リリース

 

私の場合はコーヒーと間食に対する依存度が高めでした。

確かめたというよりもランニングを始めてから、「食べる気が減った」というのが正しいです。

たまには飲みますし食べたりもしますけど格段に減りました。

 

読者の方も、「わかっちゃいるけどやめられない」ものってありませんか?

そういったものと、このタイミングに一度は向き合ってみて「依存」という状態に陥っていないか確認してみませんか?

依存していた場合、少し距離を取ってみたり、思い切ってやめてみると案外大丈夫だったりするかもしれませんよ。

依存していない状態の「素の自分こそが一番強い」ということに気づいてもらえるとうれしいです。

 

4.お風呂上がりにストレッチして身体をほぐす。

人, 女性, ヨガ, 瞑想, フィットネス, 健康, ストレッチ, 柔軟性, 体

 

お風呂上がりは身体が柔らかくなっています。

その状態で身体の凝りをほぐしたり、疲れを取る意味でもお布団の上でストレッチするととても身体がラクになりますし、なにより朝起きてからの身体の軽さが全然違いますよ。

座り仕事の方、立ち仕事の方、いろんな仕事があるので身体の使う部分が違ってくると思います。

とりあえずは頻繁に使っている箇所、長時間同じ姿勢で凝っている箇所だけでもストレッチしてみるといいですよ。。

まとめ

運動や健康管理しない原因

1.年齢で過信してしまう。

2.地味で面倒くさい。

3.この世は誘惑の宝庫。

4.「気づき」が得られるきっかけがあまりない。

5.経費に対する認識がない。

自分をメンテナンスの方法

1.自分の弱点を知る。

2.自分が楽しいと思えるスポーツを見つける。

3.常飲・常食しているものの依存度を確かめる。

4.お風呂上がりにストレッチして身体をほぐす。

 

最初にも書きましたが、「自分の身体は代えはききません」。

これは誰しも一緒です。

世間体からしたら格好悪くても、見栄などサクッと捨てて健康管理して楽しく運動・スポーツして自分自身をメンテナンスしていきませんか?

人生100年時代を生涯現役で満喫できるように、読者の方々のライフデザインをサポートできれば幸いです。

これからも役に立つようなことがあれば余すところなくお伝えしていきます(^-^)

この記事も最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m